春整枝がはじまりました

最終更新: 2019年8月12日





この週末の土日から、ささら屋の茶畑でも本格的な春整枝(はるせいし)の作業がはじまりました。


冬を越えて古くなったお茶の葉を刈りおとし、春に出てくる新芽により多くお茶の樹のエネルギーがいきわたるようにするためのこの春整枝。


その年のお茶の品質や収穫量に大きく影響する、とても重要な作業です。

春整枝がきれいにできていると新茶の収穫作業の負担もかるくなるため、お茶のためにも自分たちの仕事のためにも丁寧に丁寧にお茶の葉をアーチ状に整えていきます


作業について詳しくは


茶畑奮闘記


に書き起こしたいと思いますが、少し茶色味がかったお茶の葉を刈り落とすと色鮮やかな緑の葉が顔を出し、

「お~、春が来たなぁ」

というほっこりとした気分になります。


冬のあいだ樹を守ってくれた古っ葉たちに感謝しつつ、新しい芽が元気に育つよう今年も心を込めてお茶づくりの作業に当りたいと思います!





0回の閲覧