秋整枝の作業が完了しました!

秋のお茶摘み体験会も終わり、ささら屋でもいよいよ冬支度。

この三連休は夏に伸びすぎた茶の芽を刈り取り、茶樹の形を整え、栄養分が春先の新芽に十分にいきわたるように準備をする秋整枝の作業を行っておりました。



茶の樹をはさんでお茶刈用の機械を持ち、伸びすぎた芽を刈り取るのですが、この時、お茶の葉に病気が起きていないか、害虫が集中的に発生していないか、場所によって生育状況が悪い部分はないか、雑草(特にツル植物…)に侵食されているところはないかなどなど、茶の樹の状態にも気を配って作業します。

もちろん、日々お茶の樹の状況はチェックするわけですが、刈り取った後のお茶の樹の状態をチェックするのも、この時期の重要な作業なのです。


この秋整枝が終わると、後は冬前の施肥と防除の作業を行って、一旦茶園での大きな作業はおやすみです。大雨の多かった今年の夏・秋を経て、来年はどのように育ってくれるのか。

不安と楽しみの両面がありますが、春の収穫時期に向け、冬場も丁寧に茶園を管理していきたいと思います。

6回の閲覧
フッターリピート.jpg