2021年度 お茶の個性のお話 ~いぶき編~

お茶も農作物である以上、当然年度によってその個性に違いがあります。

★前段のご説明記事はコチラ


今回は狭山茶農家 ささら屋2021年度茶の個性のご紹介第2弾として、『いぶき』としてシングルオリジンでお届けしている「さやまかおり」品種の個性をご紹介したいと思います。


まず、今年の『いぶき』。ここ数年の中でもかなり茶園の仕立て上がりがよく、非常に良い状態で収穫を迎えられました。


その個性をひと言でいうと、

「今までで一番『さやまかおり』の個性を引き出せた力強いお茶」

に仕立て上がっています!


さやまかおり

今年の「さやまかおり」は、やぶきたと同じく芽の出は早かったのですが、その後の芽の出そろいも順調に進み、非常に新芽の密度が濃く、茶葉の質も非常にいい感じで仕立てあがっていました。

収穫当日も適度な気温で、収穫後に荒茶加工するまでの茶葉の保管状態も上々。

結果、荒茶の状態でもその個性をしっかりと感じられる仕立て上がりになっていました。


この荒茶の状態で理想の通り品種の個性がひき出せていればしめたもの。

最後の仕上げ加工では荒茶状態での「さやまかおり」の個性をさらに引き立てられるよう、良い所の茶葉だけを取り出し、品種の香りをしっかり残すよう仕上げの火入れを行えば、出来上がりです。


本当は収穫時点で茶葉の「色ののり」が例年より少し黄緑色(通常は濃緑色)に思えて気にしていたのですが、出来上がってみればその水の色もしっかりと「さやまかおり」らしい緑の濃い仕上がりになってくれました。


2021年度さやまかおり

元々お茶好きの方々に人気の高いこの『いぶき』

今年は例年にも増して自信を持ってお届けできる仕上がりとなっておりますので、ぜひともお試し頂ければ幸いです!



■狭山茶農家 ささら屋 オンラインショップ

https://shop.sasaraya.com/